スワップポイント マイナス

スワップポイントとは?


為替差益の場合は2国間の通貨の価値で売買するものですが、2国間の政策金利の差のことをスワップポイントと呼びます。



例えば、金利がマイナスの日本と高金利のトルコでは、金利差が16.6%分のスワップポイントが貰えることになります。


この場合、TRY/JPYなので買うとプラスのスワップポイントがもらえ、TRY/JPYを売るとマイナスのスワップポイントになるので逆にスワップポイント分を支払う形になってしまいます。



トルコリラを買った場合、トルコリラ(16.5%)-日本円(-0.1%)=16.6%でプラスのスワップポイントが貰えます。


トルコリラを売った場合、日本円(-0.1%)-トルコリラ(16.5%)=-16.6%の金利差になるので、スワップポイントがマイナスで逆に支払います。



スワップポイントを狙う時は間違えてもマイナススワップのポジションを持たないようにしないと、気が付くと残高が減っていたなんてこともあり得ますよ。





この記事へのコメント